808-524-5183 808-524-5183

家族法

クライントップ&ルリア法律事務所

ハワイ州家族法弁護士宮本直子
ハワイにお住まいの方で、次のようなお悩みをお持ちの方はおられませんか?

「離婚を考えているが、周りに相談できる人がいない」
「離婚をしても子供の親権、養育権を得られないかもと思い我慢している」
「離婚をすると経済的にやっていけなくなるので不安に感じている」

また、このようなことを言われたことはありませんか?

「アメリカと日本は違うんだ。だから、君はアメリカの事を何も知らない」
「英語がうまく話せない君の言うことなど、裁判所は聞いてくれない」
「君は収入がほとんどないのだから、 親権、養育権をもらえない」
「裁判所は君と子供が日本に帰ることを絶対に許可しない」
「君は専業主婦で何の収入もなかったのだから、何の財産ももらう権利がない」

今までに私が担当したケースは様々ですが、国際結婚をしてこちらに住むことになった女性の方でこのような経験をされている方は珍しくありません。

また、配偶者からアメリカの法律について間違った内容を言われていたり、精神的、もしくは身体的に虐待されていたり、配偶者が収入、財産をコントロールしていて自由に使えなかったりするケースがよくあります。さらに、浮気をされたり嘘をつかれていることも非常によくあるケースです。

ご安心下さい。
法律の下で、今あなたが望んでいる状況を実現出来る場合も多くあります。
まずは、あなたにどの様な権利があるのか、法の下で何が得られるのか、知るためにご相談下さい。

男性、女性を問わず、ハワイでの離婚を考えている方に
・ハワイの法律上、どのような権利があるのか
・ハワイでの離婚交渉・調停・訴訟はどの様に進むのか、どの様に進められるのか
・離婚で何を得ることが出来るのか、またどのような問題があるのか
などのアドバイスから、親権、養育権、養育費、財産分与を含め離婚に関する法律問題全般について、ご相談、相手もしくは相手の弁護士と交渉、調停、裁判まですべてのステップを安心してお任せ下さい。

また、離婚を進める場合は、法律の下、あなたにとって最善の結果が得られる様に相手もしくは相手の弁護士と交渉し、必要であれば裁判所で争います。あなたにとって最善の結果が得られるよう尽力し、すべてのステップで適切かつ迅速な対応を致します。

また、相談に来られたときは私が日本語で説明いたしますので、安心してご相談下さい。

特長

私は、 ハワイ州で離婚、その他の家族法を専門に扱って15年以上の経験があります。日本語もしくは英語でのご相談から交渉、そして裁判所での弁護まで安心してお任せ下さい。

また、配偶者が軍や政府に勤めている場合も含めて、リタイアメントプランの分割(QDRO)を得意分野のひとつとしております。

私の所属している法律事務所(クライントップ&ルリア法律事務所)は家族法(主に離婚)専門の事務所で、スタッフ全員が離婚訴訟に精通しています。またパートナーが2人とも「Best Lawyers in America」に選出されており、当事務所はハワイの法曹界から大きな信頼を得ております。(ハワイに離婚、その他の家族法を扱う弁護士は多数いますが、「Best Lawyers in America」に選出されているのは合計8人のみです。)

経歴

兵庫県神戸市で生まれ、神奈川県横浜市で育つ。高校2年の終了まで日本に在住。父親の転勤で高校3年次よりアメリカ在住。
1997年カリフォルニア大学バークレー校政治学部卒業。
2000年ハワイ大学マノア校法科大学院(ロースクール)修了。
2000年ハワイ州裁判所・ハワイ地区米国連邦裁判所弁護士登録。
ハワイ州最高裁判所を経て2001年より 家族法(主に離婚)を専門に扱うクライントップ&ルリア法律事務所にて 家族法専門の弁護士として勤務。夫と娘、犬一匹と暮らす。

問い合わせ先

Kleintop & Luria, LLP
Davies Pacific Center, Suite 480
841 Bishop Street
Honolulu, Hawaii  96813
Tel. (808) 524-5183
Fax: (808) 528-0261
E-mail: KL@hifamlaw.com
www.hifamlaw.com

 

申し訳ございませんが受付の者は日本語を話しません。日本語でのお問い合わせは、KL@hifamlaw.comに日本語でメール、もしくは電話番号(808)524-5183内線115番に日本語でメッセージをお残しください。もしくは受付の者に日本語のボイスメールをリクエストしてください。

Quick Contact Form

Quick Contact Form